幹細胞を使った注射について

幹細胞を使った注射とは、細胞を若返りさせることで、健全な細胞を持続可能にすることです。
このことを応用したのが若返りの研究であり、実際アメリカ合衆国で研究が始まっています。
動物実験の段階であり、人を使った臨床研究までには至っていませんから、まだ先の話しのようです。
幹細胞とは細胞が出来上がる前の段階であり、未熟細胞とも言われており、いわゆる赤ちゃん細胞のことです。
幹細胞は未熟なため人の手によって操作しやすいのです。
そのため細胞を支配することで健康で元気な細胞に挑戦しています。
この細胞が出来上がれば、人の細胞に植え付けることで若返りを保つことができます。
この幹細胞を注射する行為自体が研究中ですから保険が適用されていません。
特別な研究機関で行っているだけであり、普通のクリニックでは実際のところまだなのです。
実用化されていけば、安い金額で誰もがクリニックで注射できるようになるでしょう。

いつ頃から幹細胞注射が出来るようになるの

幹細胞注射は世界中で研究中であり、安全性と効能性が確立されてから、誰もが安くでどこの医療機関でも受けることができるようになります。
臨床段階で効果と安全性が確かめられてからのことですからまだ先の話しです。
今後研究が進んでいき、効果がわかれば、早める可能性は否定できません。
まずは健全者よりも基礎疾患や難病を持っている人から優先されます。
特に難病は今の医学の力で治療できませんから難病者が優先されるのは確かなことです。
難病者の疾患の原因となっている細胞を遺伝操作した幹細胞と入れ替えるわけですから、病気は回復傾向に向かっていく、最後は完治している方向となります。
まさに幹細胞が悪い細胞を退治して、自らの支配領域を納めることで正常な細胞へと生まれ変わってゆくのです。
夢の治療法であり、誰もが待ち望んでいたことです。
人類に多くの幸福を与えてくれる幹細胞はこれからの明るい未来と作っていくために必要なのです。

まとめ

幹細胞を遺伝レベルまで突き進むことで、細胞を若く働きかける結果、若かさを保つことができるようになります。
寿命が格段に延び、多くの人が健康で幸せな生活を送っていくでしょう。
人類にとって大きな課題であった若返りの研究は夢から現実になりかけようとしています。
病気を患う人が極端に少なくなったり、お年寄りが減ったりすることで、世には若者だらけになるかもしれません。
その方が国の予算が潤ってきて、経済決活動が活発化していくでしょう。


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。