幹細胞注射とはなにか

人間は老いることを非常に忌み嫌う傾向にあります。
年齢を重ね老いていくと、様々な弊害が見られるようになるからです。
例えば女性であれば、肌にシミやしわ、たるみなどが顕著に表れてきます。
そして白髪や目が見えにくくなるなど、老化現象が現れます。
老化は目に見える表面的なことに限ったことではあありません。
疲れやすくなってしまった、ぐっすり眠れないや食が細くなるといったことも、老化現象としてとらえることが出来るんです。
この場合には幹細胞注射をしてみることをお勧めします。
幹細胞注射とは、羊の胎盤から抽出したものを直接人間に注射してしまうものを言います。
胎盤とは赤ちゃんを産み育てるため、ビタミンやミネラル、酵素など様々な栄養素が豊富であって、人間にそのたんぱく質を打つことでアンチエイジングや活力を与えることになります。
人間と羊のたんぱく質は相性も良く、副作用などもほとんど起こらないことがわかっています。

幹細胞注射の値段相場について

幹細胞注射は若々しく艶やはりのあるお肌に導いてくれたり、体質や代謝改善に有効であることがわかっています。
豊富な栄養素の詰まった羊の胎盤を打つことで、肌のターンオーバーが促進されたり、新陳代謝も良くなっていくのでアンチエイジングが期待できるわけです。
しかしながら、一度だけ幹細胞注射すれば即効性があって、アンチエイジングが実感できるものではありません。
何回かに分けて医師の指示に従って注射することで、徐々に効果が発揮されていくものなのです。
気になるのが費用相場ですが、幹細胞注射とは健康保険適応外の自費治療に該当してしまいます。
それゆえ費用相場は高くなることはおわかりでしょう。
アンチエイジングを目的とした場合、医師の診断の下、5回コースもしくは10回コースで注射を打つのが一般的です。
一回当たりの注射の相場が50000円前後となっているので5回で200000円前後、10回で350000円前後が相場の目安と覚えておくとよいでしょう。

まとめ

年齢をともに肌にシミやたるみ、しわがでてきた、体も老化現象で疲れやすく、よく眠れなくなったり食が細くなることがあります。
この場合には幹細胞注射を打ってみることをお勧めします。
羊の胎盤のたんぱく質が、活力を与えアンチエイジング効果を発揮します。
気になるのが費用相場ですが、健康保険適応外の自費治療で5回コースで200000円、10回コースで350000円が相場の目安と覚えておくとよいと言えるでしょう。


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。